生命保険見直しとは

皆さんは生命保険に入っていますか?私は入っていますが、ずい分長い間、生命保険は怪しいものだと思い込んでいたため、若い頃はなかなか入ろうとは思いませんでした。
しかし生命保険を理解し、適切に入ることは重要で、また若い頃から入っておくほうが得策なのです。
ここではそんな生命保険の種類をまず解説します。


一般的にまず「死亡保障」といわれる保険があり、このなかの定期保険というものはある期間の保険期間内になくなったときだけ死亡保険金がですもの。
また定期付終身保険の場合は、終身保険のなかに定期保険を特約ということでつけた保険です。


終身保険とは一生涯のあいだ死亡保障がある保険であり、貯蓄機能があります。


変額保険とは、その保険会社の運用の実績によって保険金や解約返戻金の金額が増えたり減ったりするハイリスク・ハイリターン型。


又健康状態に関係なく入れる無選択終身保険という終身保険もあります。


次に医療保障のものでは、医療保険の場合、怪我や病気で入院、規定の手術を受けたときに給付金を受け取れます。
がん保険は、がんで入院、規定の手術を受けた場合に給付金が受け取れます。


傷害保険は事故などでケガや死亡した場合、入院保険金、後遺障害保険金、死亡保険金、通院保険金などが受取れます。
他にも所得補償保険、老後・貯蓄保障、養老保険、個人年金保険、変額個人年金保険、学資保険などさまざまな保険がありますがここでは生命保険見直しの必要性について解説します。


Copyright © 2014 生命保険見直しのタイミング All Rights Reserved.